SSブログ
前の10件 | -

新型コロナ、都知事選との相性



* はじめに
新型コロナ感染者が東京で連日二百人台をこえ、さわがしくなった。ところで都知事選が七月五日(日)にあった。その前の日曜日は各候補者がおおいに街頭演説をやった。これが二百人台をつくったという声がある(youtubeの247Japanから)。選挙に圧勝した小池知事は記者会見で遠まわしに言及、人々の密集度合いが今の結果をつくるといった。さて皆様はどうおもいますか。まず私の結論だが、街頭演説は選挙の命、感染拡大と天秤にかけても行なうべきもの。非難などとんでもない。で、各候補の状況をみる。

* 圧勝の小池候補はオンライン選挙だったが
圧勝の小池候補はオンライン選挙だったが、宇都宮、山本、小野、立花、おそらく桜井の各候補は都内の駅前などの人々があつまる場所であった。そこで議論されたのも、コロナ対策が大半、そこで必ず、経済対策がふくまれていた。感染の抑止よりむしろ重要なものとして、経済の被害、時には命への被害からのがれる経済対策が取りあげられてた。自民党が対立候補をたたてない選挙に小池候補は圧勝した。必死にたたかう候補を非難する。それはないだろう。さらにいうことがある。

* 今や経済対策が国民の関心事である
今や経済対策が国民の関心事である。一ヶ月、二ヶ月の自粛の現実をしった国民の切実な声である。世界でもコロナの混乱をのりこえ経済活動再開は強引といえるほどである。どんな形にせよ命を大切にという声から、毎年、インフルエンザの死亡者が一万人が今年は半分、コロナをくわえても感染症による死亡者はすくない。この事実はおもい。一年もたてば人口動態調査の一環で自殺もふくめた数があきらかとなるという。コロナの不安をあおる声は、ここで必ずやきびしく批判されるだろう。さて、担当の西村大臣の声も紹介する。

* 西村担当大臣、現状できびしい自粛は疑問
西村担当大臣は現状できびしい自粛は疑問というが、七月九日で224人の新規感染だが、三十歳以下が8割、最近十五日で死亡者が0人、重症者6人、ピーク時では93人だった。入院者が441人だが確保した病床が千床、近々三千床確保の見込。軽症者向けのホテルも確保。緊急事態宣言をだした四月とちがう。医療崩壊を心配せず対策できる。(その心は、今後どれだけ金がでるか、わからないのに、自粛強化などできるか)。結論である。

* 結論
一言だけいう、いつまでもあると思うな、金と自粛。どうですか国民の皆さん。

nice!(0)  コメント(0) 

韓国フッ化水素の一年後



* はじめに
去年の七月に日本はフッ化水素などの規制適正化に踏みきった。ホワイト国適用を撤廃したが韓国はこれにつよく反発、対抗措置を発表、いわゆる徴用工への報復と主張した。日本の措置は戦略物資が北など危険な国に流出しないよう、国際的に当然の措置だったが、韓国は政府もふくめまったくこの事実をみとめず、さらに対抗措置をとった。日本人はなかばあきれ、ほぼ放置して一年をむかえた。この暴走はどこまでもと、おもえたが、あたらしい動きがでた。次のとおりである。

* 三十九トンのフッ化水素はどこに
韓国のネット掲示板に次の記事。昨年の報道で同年一から五月期にフッ化水素39tあまりの不明がでた。ここには不良品として日本に返却したものがあるが、それを差しひいても結局ほぼ39tが不明のままだった。これは両国関税当局の統計をもとにだした。これからがこのスレ主の主張だが、韓国政府は日本政府の照会にこたえず、非難、不買、国産化などで対抗した。彼はここで、このような現政権の姿勢をびしく批判したのだった。ここで注目すべきは、韓国人が横流しの具体的事実をはっきり口にしたことである。この事実にふれずひたすら日本攻撃にはげんでたのと大きな違いである。次の反応では、さらに北への横流し、国連制裁も口にしてる。

* 韓国人同士のやりとり
一、 フッ化水素はウラン濃縮につかう。そのため北への流出がうたがわれ、日本が制裁。結果韓国民がくるしんでる。
二、北で日本のフッ化水素が発見されたのは事実。日本から照会があったのに現政権が沈黙してるのも事実。このため韓国企業がくるしんでるのだ。
三、真実をいえるわけない。
四、包括許可から個別許可にかわった理由は結局のところ徴用工への制裁だ。
五、政府が輸入に関与してない。企業間の取引につきどうして政府に問いつめるのか。
六、政府が適正に管理すべき。これは否定できず、さらに状勢の変化におうじ早期にうごくべきだった。
七、(政府に責任がないのかにたいし)あえて日本にこたえる必要がなく、米国にするべき。
八、(日本にこたえなくてもよいか、にたいし)放置できない問題だったら米国ほか国連安保理が制裁にうごく。だからまだ不要。
九、二週間しか品質がもたないもの。それを三年分、変な注文だ。(大阪で開催された)G7で大統領が説明すると発言したのに、いまだに説明がない。おかしくないか。
十、二週間しかもたない。それを米国とか国際社会が北に流出させたと問題視するか。
十一、日本は三年分輸出し、その使途の解明を韓国に要求。韓国はこれにこたえず、日本は制裁に踏みった。それだけ。
以上、youtube江戸川 media lab HUBから書きおこしたが、一言、日本は国際約束である規制を適正化した。韓国が国産化できないからこれが事実上の制裁にみえるだけ。各国は日本の措置を適正として見まもってる。制裁と関係ない。さて本題にもどり、これらをどう見るか。これまでの失政により現政権の支持率が40%台となった。このやりとりでは事実をしり、それふまえ、よりきびしい批判となってる。政府やそれに忖度するマスコミの陰に隠れてた韓国人の本音がとどくようになった。政権の脆弱化がすすんでるようだ。日本はこれをどう見るか。

* 安倍政権の一貫した主張が功をそうした
それは韓国との妥協を排除した安倍政権の一貫した主張が功をそうした、と見る。親韓をにじませるマスコミや知識人は、何かといえば話し合いである。これは不毛な議論を日本にしいて消耗戦に巻きこむ戦略とみるべき。韓国は三菱などの資産売却を口にしながら、日本の制裁をおそれ実施に蹈みきってない。今回も八月の売却を口にして日本の妥協をうかがってる。さて結論である

* 結論
日本政府は制裁には慎重である。韓国はそれを見こして売却をにおわせて妥協を引きだそうとしてきた。何故か、日本には親韓の立場をもつ政治家が、いまも多数いる。制裁はその立場をあやうくする。政権内の動揺をおそれ慎重なのだろう。だが親韓で国民に不利益をしいるべきでない。理不尽な主張に一切妥協しないことが国民の利益にかなう。そう思いませんか。国民の皆さん。

nice!(0)  コメント(1) 

新型コロナ、韓国に六十七人も


* はじめに
韓国のコロナが六十七人とでた。やはりでたかとの感想だがyoutubeから、あることに気づいた。ここにも韓国の不思議が。という訳でまとめる。一時、K防疫は世界最先端、注目をあつめ、検査キットの引き合いが世界からと意気軒昂だった が、それも長続きせず、感染が性的少数者のclub、訪問販売、大手物流センターなどに拡大、深刻さがました。ところが中央防疫対策本部が国内累積確定者に67人と発表だ。この確定者に引っかった。気になりだしてから不思議の韓国が見えだした。

* 操作してるという根づよい噂* はじめに
韓国のコロナが六十七人とでた。やはりでたかとの感想だがyoutubeから、あることに気づいた。ここにも韓国の不思議が。という訳でまとめる。一時、K防疫は世界最先端、注目をあつめ、検査キットの引き合いが世界からと意気軒昂だった が、それも長続きせず、感染が性的少数者のclub、訪問販売、大手物流センターなどに拡大、深刻さがました。ところが中央防疫対策本部が国内累積確定者に67人と発表だ。この確定者に引っかった。気になりだしてから不思議の韓国が見えだした。

* 操作してるという根づよい噂
韓国には感染者数を操作してると根づよい噂がある。これはyoutubeの247japanさんの記事からカラクリを見たきがした。まず結論からいう。

一、PCR検査しても症状がでてる人しか陽性としない。
二、一応、二週間隔離しまた検査、陽性なら、そう判定だが、ここに独特のカラクリが登場する。状況により期限を延長し再々度。判定。韓国はK防疫を自負し日本にまけまいとする。新規感染は日本を上まわってはならない。当初は機械的に莫大な数を検査、結果を判定、追跡には国民総背番号制をもとにした銀行口座、クレジットへの紐づけ、スマホアプリ、監視カメラを利用し徹底的追跡、これが世界最先端の内容だが、この結果をそのままだすと、不都合。そこで方針転換。これが本当なら韓国はまさに感染者数を操作してる、となる。本当か、直接の証拠はない。で、傍証をさがす。

* 確定者という便利な言葉
一、韓国は現在も毎日、一万五千の検査をしてるが検査待ちが二万と、しかもこれがいっこう減少しない。それで最近はずっと五十以下がつづいてた。
二、検査しても確定としないで、症状がでてなければ確定者にしない。これでとりあえず感染を低くみせる。
三、とりあえず隔離措置をして、再検査、おそらく世界の例から八割は白。でも千、二千くらいは陽性では。で、再検査、これでも陽性なら、また再検査へ。これくらいやってるとの声。
四、その説明が複雑でついてゆけないが、感染者からでる陽性者の割合、陽性率だが、隔離期間がおわる土日の数字が特異。で、翌週の月曜と比較。すると不自然な傾向がでる。これも傍証という。

話しはこの辺にするが、当初は正直な数字をだしてたが政治的配慮から確定者という便利な言葉を工夫し発表するようになった、という。本記事はこの追及でない。これをみて慰安婦騒動とおなじ、不思議の韓国を見た気がした。さて結論である。

* 結論
コロナ、慰安婦騒動、さらにセウォル号事故に私は不思議の韓国を発見する。次のとおり。
真実をもとめる声があがるのに政治がでて、中途半端な終わりとなる。そこに反日の影がある。この原因をさぐれば韓国の政治が多数をとるだけの原始の政治を脱却できてない。真実をもとめる近代的政治にほどとおい、多数派ならよい。勝てばよい、真実はさほど問題でない。そんな政治が横行してるから、とおもう。

韓国のコロナ対策は、選挙目当て、大統領の賛美、反日姿勢などが優先した。プライバシー侵害の批判がありながら感染者を強引に追及したが、反日で数字の操作が必要となった。五月の緩和が性的少数者のクラブに感染。ここに軍人がふくまれた。さらに政治家、財界人もふくまれ、それが千人単位と。ここで非検査者の追及がゆるんだと、根づよい声がある。ここではスマホを自宅に放置したり、足のつくクレジットでなく現金の支払いという反社会の動きもある。この反社会性は新興宗教の登場のなかでもあった。今回の騒ぎから、政治にゆがめられる感染対策の問題、性的少数者や新興宗教信者のもつ反社会性の問題がみえた。だが今回もこれらの問題は中途半端に放置され、夏とともにおわるのだろう。この騒ぎで丁度、関心がうすれた慰安婦問題が自殺で幕引きとなる。おなじような終わりでないか。他国だがこれでよいのかと疑問がのこる。日本は他国の不幸をねがってはいけないが、こうなってはいけいないと、正直おもう。そうおもいませんか、日本の皆さん。

韓国には感染者数を操作してると根づよい噂がある。これはyoutubeの247japanさんの記事からカラクリを見たきがした。まず結論からいう。

一、PCR検査しても症状がでてる人しか陽性としない。
二、一応、二週間隔離しまた検査、陽性なら、そう判定だが、ここに独特のカラクリが登場する。状況により期限を延長し再々度。判定。韓国はK防疫を自負し日本にまけまいとする。新規感染は日本を上まわってはならない。当初は機械的に莫大な数を検査、結果を判定、追跡には国民総背番号制をもとにした銀行口座、クレジットへの紐づけ、スマホアプリ、監視カメラを利用し徹底的追跡、これが世界最先端の内容だが、この結果をそのままだすと、不都合。そこで方針転換。これが本当なら韓国はまさに感染者数を操作してる、となる。本当か、直接の証拠はない。で、傍証をさがす。

* 確定者という便利な言葉
一、韓国は現在も毎日、一万五千の検査をしてるが検査待ちが二万と、しかもこれがいっこう減少しない。それで最近はずっと五十以下がつづいてた。
二、検査しても確定としないで、症状がでてなければ確定者にしない。これでとりあえず感染を低くみせる。
三、とりあえず隔離措置をして、再検査、おそらく世界の例から八割は白。でも千、二千くらいは陽性では。で、再検査、これでも陽性なら、また再検査へ。これくらいやってるとの声。
四、その説明が複雑でついてゆけないが、感染者からでる陽性者の割合、陽性率だが、隔離期間がおわる土日の数字が特異。で、翌週の月曜と比較。すると不自然な傾向がでる。これも傍証という。

話しはこの辺にするが、当初は正直な数字をだしてたが政治的配慮から確定者という便利な言葉を工夫し発表するようになった、という。本記事はこの追及でない。これをみて慰安婦騒動とおなじ、不思議の韓国を見た気がした。さて結論である。

* 結論
コロナ、慰安婦騒動、さらにセウォル号事故に私は不思議の韓国を発見する。次のとおり。
真実をもとめる声があがるのに政治がでて、中途半端な終わりとなる。そこに反日の影がある。この原因をさぐれば韓国の政治が多数をとるだけの原始の政治を脱却できてない。真実をもとめる近代的政治にほどとおい、多数派ならよい。勝てばよい、真実はさほど問題でない。そんな政治が横行してるから、とおもう。

韓国のコロナ対策は、選挙目当て、大統領の賛美、反日姿勢などが優先した。プライバシー侵害の批判がありながら感染者を強引に追及したが、反日で数字の操作が必要となった。五月の緩和が性的少数者のクラブに感染。ここに軍人がふくまれた。さらに政治家、財界人もふくまれ、それが千人単位と。ここで非検査者の追及がゆるんだと、根づよい声がある。ここではスマホを自宅に放置したり、足のつくクレジットでなく現金の支払いという反社会の動きもある。この反社会性は新興宗教の登場のなかでもあった。今回の騒ぎから、政治にゆがめられる感染対策の問題、性的少数者や新興宗教信者のもつ反社会性の問題がみえた。だが今回もこれらの問題は中途半端に放置され、夏とともにおわるのだろう。この騒ぎで丁度、関心がうすれた慰安婦問題が自殺で幕引きとなる。おなじような終わりでないか。他国だがこれでよいのかと疑問がのこる。日本は他国の不幸をねがってはいけないが、こうなってはいけいないと、正直おもう。そうおもいませんか、日本の皆さん。

nice!(0)  コメント(5) 

デフォルト・アイスランドの奇跡



* はじめに
新型コロナがアフター・コロナの時代にうつる。そんな時期に面白いyoutubeを見つけた。藤井厳喜の『ワールド・フォーキャスト』である。リーマン・ショックでデフォルトしたアイスランドが、混乱を克服し二年間で回復、現在、順調に経済成長してるという。よそ事ながらけつこう、という問題でなく、アフター・コロナの日本の財政政策への提言につながってる。緊急事態にたかまる国民の不満から国債発行で積極的財政がうごいてるが、これがまたぞろ増税に転換する恐れが指摘されてる。

* またぞろ増税路線に復帰か
その根拠がハイバーインフレにとか、デフォルトにといえば。おとなしい日本国民は振るえあがると。日本の伝統的一部の方々がいう。ところが藤井さんは、デフォルトになってもアイスランドは復活だが、米国もデフォルトした歴史がある。デフォルトから復活をみせた国はすくなくない。ところが財政政策の議論が日本ではデフォルトで思考停止。日本の将来のために、思考停止することなく積極財政をおおいに議論すべきというのだ。この鬱陶しい時期に心があらわれるような記事だった。

* デフォルト、通貨が下落、輸出が激増、経済成長へ
アイスランドでは通貨クローナが下落、元々強みのあった産業に集中、優位の輸出が急増、経済が二年で回復した。ここで経済にくわしい高橋洋一氏の話しを思いだす。ギリシャだが、この国は二百年に百度ほどデフォルト、つまり二年に一度。ここでもドラクマが下落する。この国は西欧文明発祥の地、観光地にめぐまれてる。たちまち観光客集中。それで回復。調子にのってまたデフォルト、この繰りかえしらしい。アルゼンチンはかって先進国になると目されてた。母をたずねて三千里はイタリアのまずしい少年マルコが出稼ぎの母をこの国にさがす物語りである。ところが先進国になりそこねた。最近もデフォルトがおきた。さて日本は。もし円が暴落したらモノづくり大国日本が復活し、輸出にささえられたちまち経済は復活するだろう。さてアイスランドの例はまことに日本人に力をあたえる。では結論である。

* 結論
インフレはおそろしい。いったん始まるととまらない。死に至る病である。とか、不安をあおる議論がすぐでる。でもデフォルトは日本の終了でない。四百円時代の日本にもどり輸出に勢をだせばよい。デフレで現世代をいためつけては、経済成長を放棄しては、日本の将来などない。国債を発行する積極財政をおおいに議論すべき。そうおもいませんか日本の皆さん。

nice!(0)  コメント(1) 

* 慰安婦での自殺者



** はじめに
慰安婦支援施設のA所長がこの七日に遺体で発見、自殺という。慰安婦騒動でついに自殺者か、これが幕引きなのか。私は韓国という不思議な国を追いかけてる。この節目で、またすこし実態がわかってきたので、ここで取りあげる。

** 慰安婦騒動の現状まとめ
現状だが、一時、慰安婦のお婆さんに国民の同情が集中、次々と暴露される疑惑に断然、優勢だった。ところが相手がたえて、念願の国会議員の資格をえた。このあたりから状勢がかわってきた。従来、神様扱いだったお婆さんに批判が。呆けてるという個人攻撃の声まででた。与党は箝口令をだし、元代表の擁護にまわった。お婆さんが孤立してるとの声もでた。そこでA所長の自殺。どう展開するか。混沌とみるより、幕引きのはじまりの声がつよい。意外だった。元代表がSNSで弔慰をしめし葬儀に出席した。故人には気の毒だが韓国らしい騒動だった。この弔慰文は死亡の前日にUP、即削除、あらためて再度投稿という。報道人が葬儀にあつまり、元代表に意地悪な質問をした。この施設で別の自称慰安婦の葬儀をした。A所長は個人名義の口座でこのお婆さんの弔慰金をうけとった。という質問だった。取材は国会までおよび、元代表の部屋に多数が押しかけた。そこでついにはっしたのが、自分が死ぬのをみたいのか、という捨てゼリフだった。

** 一般の韓国人はこの騒ぎをどうみるか
与党や野党の支持者はさておき、一般の韓国人はどみてるか気になった。元代表の不正を追及、検察の厳正な捜査をとの声。普通だが、A所長の自殺がでたら、もう幕引きとの声。さらにA所長の謀殺、さらなる犠牲者という深刻なものもあった。どんどん膿をだしたらというより、こんな声になるのか。あえてさがせば、こんな報道。今回の騒動には、a) 慰安婦の不正と、b) 親北問題があり現政権は幕引きをいそぐという。元代表はこの施設で一見、無関係の脱北者をまねき帰還を説得したとの報道があった。かんぐればだが、今週はじめに文大統領が騒動の沈静化をもとめる談話を発表してる。

おぼえてるだろうか、数百人の高校生の命をうばったセウォル号事件、これもオーナーで新興宗教の教主の自殺が幕引きだった。この時の感想だが、韓国の人々はどうして事実の究明より犯人さがしに狂奔するのかもどかしかった。後味のわるい終幕だったのだが、私はこの教主が世界のどこかで生きのび高笑いしてる。そんな気がしてならない。すこし横道だったが、この騒動が真実をあきらかにし、それが慰安婦問題の解決に役だつと期待するところがあったが、もう幕引きにむかうのか。実はセウォル号についても利益優先で船舶安全、運行管理に不正があり、役所との癒着、脱税の疑惑などが指摘されたが、多数の命をたった一つの命で幕引きした。これが私の感想だった。韓国の人々はおなじような終幕をみてるのかもしれない。

** 韓国は多数のみをあらそう政治
くりかえしいってきたが、韓国は多数のみをあらそう政治。事実、真実にもとづく多数形成は、すくなくとも日本のように重要視されてない。近代化してない原始の姿をのこした政治が今にいたる。日本人からみれば、多数をあらそうだけの醜い政治があるだけ。韓国は共産主義の対抗のため米日の支援によりここまできたが、台湾のように民主化できなかった。韓国はこれが頂点、おそらく急速に衰退し、かっての貧困から再出発をする。暗い苦しい未来を覚悟しなければならない。そうおもう。さて結論である。

** 結論
慰安婦騒動の裏側に各所の不正、癒着がある。それを韓国の人々は手をこまねいて見るしかない現状だ。共産主義に対抗する米国に引きずられ日本は韓国を支援してきた。ホワイト国優遇も米国への忖度だ。韓国は隣人だが重要とはかぎらない。もうやめて別をみよう。コロナ騒動でみせた台湾の成熟は韓国にない民主主義の成果といえる。もっと台湾との協調を重視すべき。そうおもいませんか。国民の皆さん。

nice!(0)  コメント(0) 

韓国、慰安婦劇場の終焉


* はじめに
韓国、慰安婦を援助する団体、挺隊協の元代表と主役であるお婆さんの対立が発生、激化してる。はじまりは、恒例の水曜集会に登場し被害をうったえてたお婆さんが、今後の出席を拒否し、その元代表を激烈に非難したこと。驚きの幕開けだったが、さらに内幕が暴露されてゆく。いわく、お婆さん、私はお金をもらってない。否、(一部を)わたした。自分たちはお婆さんのタメだけの団体でない。お婆さんの記憶はねじれてるなど。ここでお断りするが、現在、youtubeで大騒動となってるこのことだが、固有名詞、日月をあきらかにして、説明する気持がもてない。うんざりだ。だから私の記憶から大雑把に。で、以下にしるす。

* 慰安婦の施設をめぐる醜聞
慰安婦のタメの施設をもうけたが、お婆さんたちはほとんど利用してない。お婆さんたちはひどい環境で生活だが。そこはペンションのよう。若い人たちが宴会してる様子がつたえられた。団体の人々の利用がおも。さらに元代表の父親が給料をえて管理してる。購入の経緯もあやしい。市価より高額で購入し、廉価で売却した。多額の寄付をもらってるが会計があやしげ。たしか九億ウォンで一億ウォンしか申告してない。被害者のお婆さんたちも寄付してる。日本の九州の地震に際し相当額を寄付した。それは報告されるべき額なのに、記載がない。このお婆さんは水曜集会で小中学生がこ遣いから寄付してくれるのに心ぐるしいと告白した。中央政府、地方政府からもいろいろの名目で毎年、補助金をえてる。私的流用が疑われる。韓国のアイドルグループからマーク入りの上衣をもらったが、自分はもらてないとの暴露など、吹きだす暴露は書ききれない。

* 政治の争い、癒着
政治の争い、癒着があるようだ。元代表は与党系の議員に当選した。お婆さんとその背後には、自分たちや運動を利用し政界進出に成功。ねたむ気持がみえた。さらに自分の娘が米国UCLAの大学にピアノ留学したと判明。奨学金をもらってとの説明は州立で外国人を支援しないとすぐ否定された。これが韓国人の怒りに火をつけた。多額の補助金をえてるのに、会計処理があまりにずさん。役所、政治家との癒着だ。しらべればすぐわかる欠陥がでた。彼女は六月になれば議員の免責特権があたえられる。そこまでたえれば逃ぎれるというわけだ。だが今回は追いつめられた。与党もかばいきれないとの声もある。さて、ここまではいわば私の前振りである。韓国はいったいどんな国なのか。本題にはいる。

* 韓国は原始の政治で今にいたる
政治の本道は多数派工作である。目的をたっするために多数派になれば勝ち。事実、真実より多数派になれば勝ち。それでよいか。近代の政治はちがう。日本の民主主義は事実、真実にもとづき多数派をつくらねばならない。苦しい歴史をつうじて、そうまなんだ。だが、韓国はちがう。厳しい表現だが、その段階にたっしてない。反日がこの多数派の代表だ。ここにはいれば事実、真実は気にならないらしい。

このお婆さんだが、九十二歳という。本当はもっと若いとの指摘がある。元代表は蚊のなくような声で自分の友だちが慰安婦なのだがと電話してきたと、三十年前の事実を暴露した。これには、はずかしさのあまりの言葉との解説がある。つまり、やはり本人が慰安婦、としておくらしい。では元代表は彼女が真実の慰安婦だったとどのように確認したのか。生年月日、出生地、現在にいたる履歴をどのように確認したのか。これはどうでもよいのか。こんな反論がある。

* 反日があれば事実、真実をどうでもよいらしい
それは恥ずべきこと。いうをはばかること。きくのは失礼という。のみならず、その存在が証拠だ。発言そのものが証拠だ。うたがうことをゆるさない。神格化である。事実、真実はどこにいったのか。他国を非難し他人の援助を要求する。反日のもとには事実、真実はどうでもよいらしい。私は 東北大震災のときに漫才のサンドイッチマン伊達さんがあつまった寄付金を県にとどけた。その時もらした感想が「ほっ」とした、だった。普通の日本人の言葉。伊達さんを信頼して託された寄付だ。それをとどける、そこにすこしの嘘もあってならない。この信頼の重みからやっと解放されたとの気持がつたわってくる。このお婆さんや元代表はこの信頼の重みをかんじてるか。この二人のうちのどちらか、あるいは二人ともが信頼を裏切ってる。韓国の人々の怒りは現状、元代表にむかってる。だまされたという。が、本当か。事実、真実をたしかめる努力を放棄してただ反日の多数派に安住してただけでないか。

* 信頼を裏ぎるとはどれほど恐ろしことか
現代の民主主義社会は信頼が必須。それがあってこそ社会が精密機械のようにうごく。挺隊協はいろんなところから補助金をもらい、寄付ももらう。それは規則や約束をまもるとの信頼からはじまる。それにこたえねばならないとの意識が希薄だ。もらってしまえば、自分の都合でつかう。だからちょっと監査しただけでボロボロと嘘がでる。信頼を裏ぎることの恐れがおそらくない。現在は検察の捜査がおよんでる。どこまで究明できるか。与党内でも調査すべきとの声もでたが、もうだまってることにしたらしい。

* 反日の強制力はうまみの源泉
反日にはつよい強制力が常にはたらく。このしたに種々の不正が住みつく。おかしいとおもっても、大騒ぎになれば自分がこまる。だからとんでもない不正もまかりとおる。施設の購入、売却だが政治家の存在が指摘されてる。うたがうとキリがないがそこでキックバックがあるらしい。疑惑の書類の存在は役所にも不正があるのでは。反日でおおきな不正を見のがすと、そこにつけこむちいさな不正がはいりこむ。民間の寄付だが、どれほど自発的か。ちょっと変ではとおもっても、ものいえぬ雰囲気で寄付する。youtubeではもう慰安婦はおわりという声がある。安倍政権の一貫した姿勢でもう日本からお金はとれない。これ以上、無理すると国内対立の激化がこわい。ではどうするか。youtubeでは次はいわゆる徴用工という声がある。まだまだ反日で多数派ができる。その具体的目標がいわゆる徴用工というわけだ。結論である。

* 結論
韓国の政治は多数派につけばよい。事実、真実は問題でない。ただ勝ち組にはいればよいというものだ。日本の民主主義からは、おぞましい存在だ。安倍政権は慰安婦で韓国政府と合意、十億円の義務をはたした。これは日本人にとり非常におおきな安心となった。私は従来の政府をみて何か不都合な真実をかくしてるのかとおもってたが、これで安心、解決済みといえた。韓国の動きは気にならない。日本側の政治家の動きだが、国民の監視のまえで完全にだまらせた。あいまいな合意だったら今も暗躍できる余地があった。次はいわゆる徴用工だ。これも一貫した姿勢の安倍政権がいる。両国の政府、企業による基金設立という手前勝手な提案をした文議長はもう引退するようだ。まちがっても日本政治家の動きにのってはならない。おそらくこのままでゆくと慰安婦の内部崩壊と同様な動きがでるだろう。そうおもいませんか。日本の皆さん。

nice!(0)  コメント(2) 

* 検察庁法案にttwitter抗議の嘘


** はじめに
検察庁法案に抗議しましょう、というハッシュタグをもつツィートがトレンド入りした。四百万をこえる突然の動きだ。新聞、テレビも取りあげ、野党も連動した。何故か。国民にそんな不満があったのか。そのカラクリを上念司氏が解説してくれた。私もここに補足するが、そんなカラクリに騙さるほどネット民は馬鹿でないといいたいのでブログをかいた。すぐ説明にはいる。次の表だ。

** 表作成
| アカウント | ハッシュタグ | ツィート |
| aaaa1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | aaaaho1〜10 |
| bbbb1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | baaaka1〜10 |
| cccc1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | cccccch1〜10 |
|dddd1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | ddddum1〜10 |
|eeee1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | eeeeeh1〜10 |
| ffff1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | ffffuf1〜10 |
| gggg1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | gggguh1〜10 |
| hhhh1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | hhhhehe1〜10 |
| iiii1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | iiiiifif1〜10 |
| jjjj1〜10 | 検察庁法案反対1〜10 | jejejejje1〜10 |

** twitterのトレンド入りのカラクリ
十人、十のアカウント名、十のハッシュタグ、十のツィート。これで合計一万のツィートが完成する。上念さんが解説してくれたが、こんなことを深夜、百人ほどでやればトレンド入りは簡単と。昔からある業界の裏技で、すみませんがバラしますとの解説だった。

私はコンピュータ・アマだが、プログラムをかく。まず、単位となる文字列を用意し、数字、アルファベットを組みあわせて作成する。ツウィートはすこし面倒だが基本の文章を十種用意、その前後に付加する語句を用意し組みあわせる。これで一行ごとに作成し、付加し合計一万行を完成できる。もしツィッター社がcommandラインで入力するコマンドをつかわせてくれるなら、プログラムをかいて一万行のtextfileを作成する。おそらく次のように入力する。
% tweet textfile
これで一万回、ツウィートできる。やってみたい。プロの世界ならこんなものだろうが、アマなら十人ほどで示しあわせて手作業となる。ではユーザーがこれをみて、どうおもうか。

** ユーザーはびっくり、だが騙されないぞ
一万で個別で内容はちがうツィートだ。ユーザーはびっくり何事がおきたかと。だが私にこの一万のtextfileをくれれば、解きあかしてみせる。ツィッター社はユーザーには提供してないだろうが、その内容は次のとおりだ。各行が、アカウント名、ハッシュタグ、ツィートで構成されてる。これが一万行あるtextfileである。これで次の操作をする。

sortといcommandがあるので、これを入力しアカウント名をキーとし並べかえる。するとaaaa系列のaaaa1が十、aaaa2が十など、合計、百がならび、次にbbbbの系列ときて最後にjjjj系列と、合計一万行がきれいにならぶ。これをじっとみつめると。成程十人が示しあわせて一万を作成したとなる。上念さんによればツィッター社はこれに気づきスパムとしてバン(削除)した。だからツィートの数が急激にさがった。これをしめして解説してくれた。私はnet民をなめるなとおもったからこのブログをかいた。

ツィッター社はこんな情報を公開してないから残念ながら分析できない。さらに彼らはipadressという基本情報もにぎっている。スパムは彼らの経済価値を毀損する。監視の目をゆるめない。結論である。

** 結論
この騒ぎの背後にある意図は何か。私は信念という善意によるものとみてるが、悪意、故意の存在も無視すべきでないとおもってる。上念さんはこの騒ぎにいかがわしい人為性を指摘し、朝鮮半島にくわしい篠原常一郎氏は韓国でみる手法との同一性を指摘し、さらに、このツィートにかかわった知識人、芸能人の名前を言及しておられる。新聞、テレビもいちはやく取りあげた。国会で野党も連動した。どうですか国民の皆さん。この騒動のなかに悪意、故意の存在を無視すべきでありません。

nice!(0)  コメント(0) 

慰安婦団体、赤裸々な暴露


** はじめに
慰安婦団体、看板のお婆さんがいつもの集会に出席しないと拒否した。支援団体(挺隊協)に不信感をしめし、代表は自分たちを利用して国会議員になったが自分にお金をくれてない。集会でおこ遣いから寄付してくれる中高生に申しわけない。もう水曜集会にでないと記者会見で宣言した。この後の展開がおそろしい、国会議員となった代表が三十年前、蚊のなくような声で、自分の友だちが慰安婦だがと電話してきた当時を鮮明におぼえてると暴露した。興奮すると韓国の人は不都合な真実を暴露するらしい。

** 挺隊協は偽物としりつつお婆さんを利用してたのか
三十年前の鮮明な記憶からこのお婆さんは慰安婦でない。なのに運動に利用してた。これは寄付をしてくれた韓国の人々への重大な裏切りでは。この後もつづく。支援したとの反論に茶色に変色した領収書をwebに公開した。その際の説明だが、たし五十億(ウォン)の総額の18%がお婆さんへの援助だった。すくないとの批判をおそれたのか、自分たちの団体はお婆さんの支援団体というより、日本の不当性を糾弾する団体、出版、広報、展示に出費したとの説明がでた。さらに追いうちをかけた。

名称をかえた新代表が説明する。財務状況の公表だが、すべてを報告する団体など世界にないと突っぱねた。さらについに出たとの感だが。議員に転出した元代表の娘は米国に留学してるという。これが韓国の人々の怒りに火をつけた。議員辞職に追いこまれるかもという。前朴大統領の宗教顧問の娘のたしかドイツ留学を思いだす。結論である。

** 結論
韓国が日系企業の財産差押えをたしか一年半以上も継続してる、この現状は一九六五年の基本条約の否定と見るべきだ。だから一九六五年まで関係をもどすとの覚悟で経済制裁をすすめるべきとおもう。その対象だが、一部の日本の議員とむすんで利益をはかってきた韓国政治家、企業人であり、素朴な正義感からおこ遣いを寄付する人々でない。そのような人々に不当な損害をおよばさない工夫をしてもらいたい、と希望する。そう思いませんか、国民の皆さん。

nice!(0)  コメント(0) 

新型コロナ、素人の見識



* はじめに
再延長がきまって、マスコミ、テレビ界隈は大騒ぎ。またPCRをやれとの声がのこるが経済再開の気運もたかまった。ここで勉強した素人が見識を披露する。

* 二つの極端にゆれる各国の対策
まず高橋洋一氏が、
一、まったく感染を放置し成り行きにまかせる、
二、経済活動も生活も無視、とにかく接触をたつ、
彼がいうには、世界はこの二つの間のどこかを選択してるという。

* 残念ながら決め手がない
残念ながら、ワクチン、特効薬がないから、検査、隔離、追跡、対処療法、社会的距離など手段をつくしてるが、決め手がない。

* 未知のコロナにも理論がある、だが見通しがくるう
対策の理論だが、百年ほど前からSRIモデルといわれるものがある。世界の専門家はこれによってる。だが未知のコロナだ。すくないデータで推定してるだけ。ちょっと特異なデータがでれば、たちまち実効再生産数などおおきく変動。たちまち見通しがくるう。それでもこれにたよるしかない。日本がやってることである。

* 政府はよくやってるが自信がない
医療崩壊をおさえ、手段をつくし国民に協力をもとめる。政府の努力は成果をあげてる。だが自信はない。緊急事態を再延長したが、ここにきて経済が悲鳴をあげてる。特に食べ物、娯楽に関係する中小、零細事業主の声は深刻のようだ。国民は不安がつのり動揺してる。でも、レムデシビルやアビガンが出てくるから今後の見通しは、より確かとなる。

* では国民の皆さんにいう
では国民の皆さんにいうが、無責任なマスコミの声に耳をかたむかけるな。net、youtubeにあふれてる、まともな意見をきき、自分の周囲を見まわして政府の決断に協力する。これが常識だ。政府が間違いとおもったら選挙でおとすまで。さて今までいわなかった大事な点がある。

* 経済再開をいそぐ世界におくれるな
世界は経済の重みに耐えかねて、経済再開の声が満ちあふれてる。日本よりはるかに高い死亡者の率にもかかわらずにだ。経済は競争である。世界が動きだして日本だけがとまってられない。ここが決断の時だ。経済力を崩壊させれば、国民の支援もできなくなる。政府に決断をうながし、それに協力する。国民の皆さん覚悟はできましたか。どうですか。

nice!(0)  コメント(1) 

新型コロナ、嫌われたアビガン


* はじめに
安倍総理が延長を発表したが、その際、五月末までに治療薬アビガンの使用をみとめる旨、発言した。ユーチューバー「さささのささやん」氏は、これは官邸側が厚労省の抵抗を押しきった結果とおもったそう。厚労省の対応を彼が解説してくれた。

当初、同省は年末までに許可でよい。それまでに別の治療薬がでるかも。コロナも落ちつくかも。そこまでのばしとこう。とおもってた。ところが官邸側の圧力で七月にはとなり、さらに今回の五月となった。詳細の動きだが、二月に竹本内閣府特命担当大臣が素早くうごいて四十五億円の予算。それで研究開発する。さらに四月末に経済産業省がフジフィルムに100%という異例の補助金をつけ製造体制をととのえた。つまり、いやがる厚労省に官邸主導で圧力をかけまくったと絵解きしてくれた。さて何故それほど嫌がったのか、彼の絵解きだ。

アビガンは二月頃から、有力候補にあがってた。だがそこには奇形児を生みだすという催奇性の副作用があった。薬害の代表例、サリドマイド児をご存知か。これがあって抵抗。ところが官邸側はレムデシビルという米国の治療薬を五月七日に承認する。そのねらいは、高価で米国企業の儲けとなる薬をつかう。世論が一気に厚労省批判にてんじると見た。ここまで圧力をかけたのだという。さささのささやん氏は厚労省の大臣や役人をクソミソに非難するようだ。だが、私はちょっとまてという。結論である。

* 結論
彼らからいうと、一時の勢いで使用を承認、その後に奇形児という深刻な訴訟におそわる。事前の同意書をとってるからというが、それでも責任追及がおこなわれ、さらに無責任マスコミの扇動がやってくる。その矢面にたつのが役人だ。自分からうごくことはない。これが役人の王道だ。私は国民、政治家、官僚がそれぞれ責任をとる。矢面にたつ役人をまもる。これで難局を乗りきるべき、という。では、私の浅知恵だが次の提案をする。

患者の同意は当然だが、当面外国への販売はさける。基本条約で完全解決であっても人道問題といって裁判をおこす。外国には慎重にすべき。訴訟を提起された時に国家賠償は国が対象となるほか、役人も巻きこまれる。役人のための弁護士、裁判費用などを国が肩代わりする。万が一、敗訴しても国がその肩代わりをすると責任を明確にする。これは結局、国民の負担だが、責任を覚悟すること。こうして役人をまもる。この考えは国民、政治家、官僚が責任を明確にして、すみやかにアビガンの使用をすすめるものだ。

責任は関係者すべてが躊躇すると、不動の金縛りとなる。皆んなが相応の責任をとることを明確に、特に国民の責任を明確にしたなら、動くとおもう。どうですか国民の皆さん。

nice!(0)  コメント(1) 
前の10件 | -